「科捜研の女 Season9(2009年)」第6話のロケ地。

科捜研の女,SEASON9,6話 Season9(2009年)

「科捜研の女 Season9」(2009年)第6話のロケ地を紹介します。

第6話の基本情報

放送日時 2009年8月13日
サブタイトル 「骨董品殺人!京都〜東京、不在証明の罠」
エンディングテーマ 木山裕策「I believe」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、小野武彦、若村麻由美、田中健、泉政行、加藤貴子、竜雷太、いとうあいこ、佐々木俊志、田井克幸、峰蘭太郎、伊庭剛

<あらすじ>
骨董の収集家として知られる藤木徳太郎(笹木俊志)の死体が自宅で発見され、マリコ(沢口靖子)は土門刑事(内藤剛志)らと現場に急行する。死体を発見したのは、かねてより藤木邸に出入りしていた古美術商の鳴澤(竜雷太)で、出張先から何度か電話を入れたにもかかわらず藤木が出ないので心配になり、出張帰りにその足で藤木のもとを訪ねたというのだ。鳴澤によると、藤木は妻に先立たれて独り暮らしだったという。

第6話のロケ地

1 ×榊マリコと土門刑事が鳴澤栄一に話を聞きに来た「古美術 京洛堂」
2 ○榊マリコと土門刑事が話していた京都府警察本部の屋上
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
3 ×エンディングで榊マリコと土門刑事が歩いていた木造の橋

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • ショーカープロオノ
  • 東映俳優養成所
  • 東映太秦映画村

▶▶Season9 第7話のロケ地

◀◀Season9 第5話のロケ地

コメント

U-NEXT