「新・科捜研の女4 Season8(2008年)」第5話のロケ地。

新・科捜研の女4,SEASON8,5話 Season8(2008年)

「新・科捜研の女4 Season8」(2008年)第5話のロケ地を紹介します。

第5話の基本情報

放送日時 2008年5月22日
サブタイトル 「7年目の白骨死体!結婚指輪が語る過去!!」
エンディングテーマ kanade「Serenade」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、小野武彦、若村麻由美、田中健、泉政行、加藤貴子、山中聡

<あらすじ>
郊外の山林で半分土に埋もれた男の死体が発見される。現場に駆けつけたマリコ(沢口靖子)が死体をあらためたところ、わき腹を鋭利な刃物で刺されており、首には手で絞めた跡が残されていた。死体の状態から、死後36時間前後とマリコは判断する。ちょうどその時、土門刑事(内藤剛志)の携帯電話に、別の場所で白骨体が発見されたという連絡が入り、マリコは土門とともに現場に向かう。山林に埋められた死体は、市内のアパートに住む八木(柴田裕司)という無職の男であることが判明し、首の扼殺痕の指紋から牧原(山中聡)という同じアパートの住人が容疑者として連行される。やがて、牧原の部屋で押収したナイフの一つに血液反応があり、八木の血液と一致する。ただ、そのナイフには八木以外の血痕も付着していたのだった。牧原は、八木を刺したことは認めが、もう一つの血痕にはまったく覚えがないという。

第5話のロケ地

1 ×死体が発見された山林
2 ○風丘早月が訪れた京都家庭裁判所の外観
 京都家庭裁判所:京都府京都市左京区下鴨宮河町1🔗map
3 ×白骨死体が発見された山
4 ○洛北医科大学の外観
 京都芸術大学:京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116🔗map
5 ×牧原幸一が住むマンション
6 ○榊マリコと土門刑事が話していた屋上
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
7 ×エンディングで榊マリコと土門刑事が歩いていた道路

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 京都造形芸術大学
  • 京福電気鉄道
  • ナック
  • 林正幸
  • ショーカープロオノ
  • 東映俳優養成所
  • 東映太秦映画村

▶▶Season8 第6話のロケ地

◀◀Season8 第4話のロケ地

コメント

U-NEXT