「新・科捜研の女3 Season7(2006年)」第8話のロケ地。

新・科捜研の女3,SEASON7,8話 Season7(2006年)

「新・科捜研の女3 Season7」(2006年)第8話のロケ地を紹介します。

第8話の基本情報

放送日時 2006年8月31日
サブタイトル 「疑惑の捜索願!母親の遺体を拒否する娘」
エンディングテーマ GARNET CROW「まぼろし」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、小野武彦、深浦加奈子、田中健、泉政行、加藤貴子、森本亮治、星由里子、朝加真由美、高橋真唯、田窪一世、中井佳代

<あらすじ>
横浜の留守宅を独りで守っている母親のいずみ(星由里子)からマリコ(沢口靖子)のもとに電話が入る。京都に遊びに来たいというのだ。どうやら独り暮らしが寂しくなったらしい。そんな中、土門刑事(内藤剛志)から、市内の山林で白骨体がみつかったという連絡が入り、マリコは現場に急行する。検視の結果、白骨体は女性で死後三年以内と判明する。さらに、頭を強く殴られた形跡があることから、殺人の疑いが出てくる。やがて歯の治療痕から、遺体の身元は三年前に捜索願が出されていた主婦・日下部志穂(中井佳代)だとわかり、娘の由美(高橋真唯)と叔母の井田聖子(朝加真由美)が確認のため府警に呼ばれる。だが由美は、白骨体は母・志穂だと納得したものの、遺体の引取りを拒否する。

第8話のロケ地

1 ×死体が発見された山林
2 ○洛北医科大学の外観
 京都芸術大学:京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116🔗map
3 ○土門刑事と木佐貫刑事が男を問い詰めていた麻雀屋前
 石屋町の雑居ビル前:京都府京都市中京区石屋町木屋町通三条下る126付近🔗map
4 ×土門刑事と木佐貫刑事が聞き込みをした京洛フーズ
5 ×榊いずみが榊マリコと土門刑事に会いに来た祇園の町
6 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
7 ○日下部由美が通う「京都桜花短期大学」
 龍谷大学:京都府京都市伏見区深草塚本町67🔗map
8 ○榊マリコ、土門刑事、日下部由美、井田聖子が話した神社
 豊国神社:京都府京都市東山区茶屋町530🔗map

撮影協力一覧

  • 林正幸
  • 積水化学工業
  • 龍谷大学
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season7 最終回のロケ地

◀◀Season7 第7話のロケ地

コメント

U-NEXT