「新・科捜研の女3 Season7(2006年)」第1話のロケ地。

新・科捜研の女3,SEASON7,1話 Season7(2006年)

「新・科捜研の女3 Season7」(2006年)第1話のロケ地を紹介します。

第1話の基本情報

放送日時 2006年7月6日
サブタイトル 「京都の祭りに人が死ぬ!!祇園祭を襲う二つの事件!致死率100%の細菌テロ!!マリコが刺された!山鉾町の連続殺人!!」
エンディングテーマ GARNET CROW「まぼろし」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、小野武彦、深浦加奈子、田中健、泉政行、加藤貴子、森本亮治、とよた真帆、寺田農、蟷螂襲、姜暢雄、栗田よう子、鶴田忍、津村鷹志、草川祐馬

<あらすじ>
京都の祇園祭が近づいたある日、京都府警科学捜査研究所の榊マリコ(沢口靖子)は、国際指標で“レベル4”に指定されている感染症『アルタイラ出血熱』の患者が、隔離されていた病院から逃走したことを知る。この病気は、唾液や血液などによって感染し、抗血清を打たないと100%死にいたるという恐ろしいものだった。京都府警の土門刑事(内藤剛志)によると、現在日本に抗血清はなく、世界保健機関を通じて取り寄せているところだったという。その患者は赤井逸郎(蟷螂襲)という医師で、海外での医療奉仕活動から帰国したばかりだった。赤井の行方を捜査中、マリコは京都感染症研究所の曽根崎裕子(とよた真帆)と顔を合わせる。

第1話のロケ地

1 ×曽根崎裕子が働く関西空港病院の外観
2 ×榊マリコらが調査をしていた山中の道路
3 ×警官が倒れていた神社
4 ×榊マリコと土門刑事が話していたお寺の入口
5 ×榊マリコや曽根崎裕子らが訪れた自動車修理工場
6 ×榊マリコや曽根崎裕子らが防護服で調査をした工場
7 ×榊マリコと榊伊知郎が住む京町家
8 ○榊マリコと土門刑事が歩いていた京屋敷前
 清昌堂やました前:京都府京都市上京区小川通寺之内上ル🔗map
9 ○榊マリコと土門刑事が訪れたかぐら山のお店
 長江伊三郎商店:京都府京都市下京区船鉾町新町通綾小路下る394🔗map
10 ×死体が発見された神社
11 ×み浦呉服店の外観
12 ×土門刑事と木佐貫直巳が話していた割烹や前

撮影協力一覧

  • 林正幸
  • 積水化学工業
  • 京都学園大学
  • qiruafilm
  • KRP
  • 京都市上下水道局
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season7 第2話のロケ地

◀◀Season6 最終回のロケ地

コメント

U-NEXT