「新・科捜研の女2 Season6(2005年)」第9話のロケ地。

新・科捜研の女,SEASON6,9話 Season6(2005年)

「新・科捜研の女2 Season6」(2005年)第9話のロケ地を紹介します。

第9話の基本情報

放送日時 2005年9月8日
サブタイトル 「どうするマリコ!灼熱50度の監禁状態!!」
エンディングテーマ 島谷ひとみ「真昼の月」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、齋藤暁、小野武彦、田中健、泉政行、丸山智己、小日向文世、柴田善行、園英子

<あらすじ>
ウィークリーマンションで女性の変死体が発見される。死因は一酸化炭素中毒。キッチンには女性とは別人の嘔吐(おうと)物が。心中未遂か、あるいは初めから女性の殺害が目的だったのか。現場の指紋から、浮かび上がった第三者は桐島英司(柴田善行)。借金取りの前科者で、心中にはよほど不似合いなキャラクターだ。科捜研の榊マリコ(沢口靖子)たちは、現場で収拾された金属片を元に真相へのアプローチを開始。製造工場の特定を急ぎ、京都中の工場を訪ね歩く。マリコも、市街地にある小さな工場に向かう。

第9話のロケ地

1 ×乾健児が走っていた煙突がみえる河川敷の道路
2 ×楠見純一が営む京北鉄工所
3 ×土門刑事がチンピラを尋問していた街中
4 ×楠見純一が住むマンション

撮影協力一覧

  • 林正幸
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 積水化学工業
  • 東映俳優養成所

▶▶Season6 最終回のロケ地

◀◀Season6 第8話のロケ地

コメント

U-NEXT