「新・科捜研の女2 Season6(2005年)」第8話のロケ地。

新・科捜研の女,SEASON6,8話 Season6(2005年)

「新・科捜研の女2 Season6」(2005年)第8話のロケ地を紹介します。

第8話の基本情報

放送日時 2005年9月1日
サブタイトル 「15年前の鑑定ミス!?マリコの父が殺人犯」
エンディングテーマ 島谷ひとみ「真昼の月」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、齋藤暁、小野武彦、田中健、泉政行、左時枝、小倉一郎、伊藤洋三郎、辻沢杏子、高橋弘志

<あらすじ>
桂川の河原で男の刺殺体が見つかる。炎天下に放置されたためか、腕には死後ついたと思われる軽いやけどの跡が。その形に違和感を抱いた榊マリコ(沢口靖子)は、科捜研で分析を進めることに。その最中、マリコの父であり科捜研の所長・伊知郎(小野武彦)が、「父さん、別れるかもしれないよ」と、夫婦の危機をいつもの調子で平然とマリコに伝えてくる。そこに日野(斉藤暁)が、やけどの跡は文字の形かもしれないと割って入る。資料に目を通す伊知郎。突如、表情が変わった。「大和石…」。つぶやいたまま後が続かない伊知郎を、マリコがせっつく。

第8話のロケ地

1 ○小山内加世が働く「楠むら」
 鴨川納涼床:京都府京都市中京区東生洲町489🔗map
2 ○榊マリコが歩いていた道路
 大黒町の室町通り沿い:京都府京都市下京区大黒町室町通五条下る207付近🔗map
3 ×榊伊知郎が土を掘り返していた「ネオコート六条門」前にある公園
4 ×株式会社須川建設の外観
5 ○二条学院大学 考古学研究所
 旧大津公会堂:滋賀県大津市浜大津1-4-1🔗map
6 ×榊マリコ、土門刑事、須川ゆり子が話していたビルの屋上
7 ×榊マリコと榊伊知郎が渡った嵐電の踏切

撮影協力一覧

  • 林正幸
  • 積水化学工業
  • 大津市社会教育会館
  • 京都市
  • 財団法人 京都市埋没文化財研究所
  • 滋賀ロケーションオフィス
  • 小川珈琲株式会社
  • 株式会社サン・クロレラ
  • 京都大学理学部
  • 京都造形芸術大学
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season6 第9話のロケ地

◀◀Season6 第7話のロケ地

コメント

U-NEXT