「新・科捜研の女2 Season6(2005年)」第1話のロケ地。

新・科捜研の女,SEASON6,1話 Season6(2005年)

「新・科捜研の女2 Season6」(2005年)第1話のロケ地を紹介します。

第1話の基本情報

放送日時 2005年7月14日
サブタイトル 「疑惑の女刑事!誤射それとも殺人?それは18年前の夏の夜に起こった!京都〜信楽高原二本の弾道を結ぶ謎」
エンディングテーマ 島谷ひとみ「真昼の月」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、齋藤暁、小野武彦、田中健、泉政行、丸山智己、鈴木杏樹、大浦龍宇一、大沢樹生、飯田基祐、加賀美早紀、西園寺章雄、本山力、奥深山新

<あらすじ>
ある日、徹夜の捜査を終え帰宅した榊マリコ(沢口靖子)は、玄関の鍵が開けられていることに気付く。恐る恐る中に入るマリコ。すると居間に男の影が!「いきなり朝帰りか?」振り返った男はなんと、マリコの父・伊知郎(小野武彦)だった。一方的にしばらく泊めてもらうと言う伊知郎。とあるマンションの敷地内。住人・川添公太の転落死体が発見される。腕には注射痕。覚醒剤の幻覚症状による事故か?遺留品の注射器を生活安全課の刑事・久崎英子(鈴木杏樹)が、麻薬売買の証拠品として預かると奪い取る。

第1話のロケ地

1 ○榊マリコが自転車で走っていた道路
 一本橋前の白川筋:京都府京都市東山区稲荷町北組
2 ×榊マリコが住む京町家
3 ×川添公太の死体が見つかったマンション
4 ×久崎英子がいたクラブ
5 ×土門刑事がラーメンを食べていたミカドラーメン
6 ×榊マリコと乾健児がパスタを食べていたレストラン
7 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2
8 ×土門刑事が捜索をしたメイドカフェふわふわ
9 ○榊マリコと乾健児が車で通った場所
 甲賀市の国道422号線・ヤマト植西陶器前:滋賀県甲賀市信楽町中野672-1
10 ○榊マリコと乾健児がいた高台
 滋賀県立陶芸の森:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
11 ○榊マリコと乾健児が訪れた設楽焼店
 宗陶苑:滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
12 ×榊マリコと乾健児が話を聞きに来た滋賀県西設楽警察署
13 ○土門刑事らが捜索をした道の駅
 道の駅 京丹波:京都府船井郡京丹波町曽根深シノ
14 ×久崎英子が逮捕された工場地帯の空き地

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 滋賀県立陶芸の森
  • 東映太秦映画村
  • 京都造形芸術大学
  • 東映俳優養成所
  • 滋賀ロケーションオフィス
  • ショーカープロオノ

▶▶Season6 第2話のロケ地

◀◀Season5 最終回のロケ地

コメント

U-NEXT