「新・科捜研の女 Season5(2004年)」第1話のロケ地。

新・科捜研の女 SEASON5,1話 Season5(2004年)

「新・科捜研の女 Season5」(2004年)第1話のロケ地を紹介します。

第1話の基本情報

放送日時 2004年4月15日
サブタイトル 「長崎〜京都800キロ ブルートレインの殺意 ひとしずくの透明な水に隠された赤い秘密 消えた殺人サイトの女を追え!」
エンディングテーマ 白鳥マイカ「こわれ者」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、山崎一、深浦加奈子、田中健、半田健人、泉政行、溝呂木賢、有森也実、さとう珠緒、永澤俊矢、東根作寿英、浜田幸一、井之上チャル、遠山景織子、河原さぶ

<あらすじ>
早朝の京都駅に到着した寝台特急の個室から中年男性の死体が発見された。京都府警・科学捜査研究所、通称科捜研の法医学研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、物理研究員の乾(泉政行)とともに現場に急行する。そこにはすでに府警捜査一課の杉内(半田健人)、寺原(溝呂木賢)両刑事も到着していた。マリコが見たところ、死因は青酸性の薬物による中毒死で、死後5、6時間は経過していると思われた。死体にはジャンパーが掛けられていて、マリコはその表面に水滴が一滴付着しているのを見つける。

第1話のロケ地

1 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2
2 ×死体が発見された山林
3 ○榊マリコと土門刑事が訪れた長崎県警察本部の外観
 長崎税関:長崎県長崎市出島町1-36
4 ○榊マリコが地図を見ていた橋
 眼鏡橋:長崎県長崎市魚の町
5 ○榊マリコが歩いていた中華街
 長崎新地中華街:長崎県長崎市新地町10-13
6 ○榊マリコが通りかかった大浦天主堂
 大浦天主堂:長崎県長崎市南山手町5-3
7 ○榊マリコが槙村有紀に話しかけた港
 長崎港ターミナルの巨大鐵錨付近:長崎県長崎市元船町 17-3
8 ×榊マリコと土門刑事が訪れた笹山金属工業
9 ×榊マリコと土門刑事が訪れた細田運送
10 ○榊マリコと土門刑事が宿泊した旅館
 紅葉亭:長崎県長崎市立山5-13-65
11 ×加納雅史が住むマンション
12 ×槙村有紀が住んでいる家
13 ×榊マリコと土門刑事が話していた長崎の高台
14 ○榊マリコと土門刑事が槙村有紀の話を聞いた灯台
 樺島灯台:長崎県長崎市野母崎樺島町792
15 ×槙村有紀と瀬尾美咲がいた本屋
16 ×土門刑事と土門美貴が住むマンション

撮影協力一覧

  • 長崎・プライベートレジスター 守口示一
  • 長崎市
  • JR九州
  • JR西日本 京都支社
  • ながさき観光地映像支援センター
  • 積水化学工業
  • 大覚寺
  • 東映太秦映画村
  • ショウカー・オノ
  • 東映俳優養成所
  • 長崎 梅松鶴・紅葉亭

コメント

U-NEXT