「科捜研の女 Season4(2002年)」第3話のロケ地。

科捜研の女,season4,3話 Season4(2002年)

「科捜研の女 Season4」(2002年)第3話のロケ地を紹介します。

第3話の基本情報

放送日時 2002年8月8日
サブタイトル 「幽霊館の惨劇に秘められた罠 今夜、過去の愛憎がよみがえる!」
エンディングテーマ aiko「それだけ」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、小林稔侍、山崎一、遠山俊也、深浦加奈子、尾崎右宗、小林千晴、榊英雄、細川純一、星遥子、加門良、北野誠、京晋佑、野田晋市、窪田弘和

<あらすじ>
科捜研の榊マリコ(沢口靖子)が、テレビ局の看板プロデューサー・星野智里(星遥子)の要請で、人気オカルト番組にゲスト出演することになった。智里は、看板プロデューサーであると同時に編成局長の妻であり、小学生の子供の母親であり、仕事と家庭を完璧にこなす女性として知られていた。マリコも、彼女の沈着冷静な仕事ぶりに感心する。スタジオでマリコが緊張する中、番組が始まった。ところが、幽霊が出るとのウワサがある古びた洋館の通称『幽霊館』からの中継中、元アイドルのリポーター・城戸章吾(京晋佑)が、突然、何かに驚いてパニックとなり、2階の床を踏み抜いて転落死してしまう。モニターで一部始終を見ていたマリコはそのまま現場に急行する。

第3話のロケ地

1 ○死体が発見された幽霊館の外観
 旧大津公会堂:滋賀県大津市浜大津1-4-1🔗map
2 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
3 ×木場警部と榊いずみが遭遇したコインランドリー
4 ×WEST TVが入るビルの外観
5 ○京極映画社の外観
 東映太秦映画村:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10🔗map
6 ×星野智里が住む家の外観
7 ×榊マリコが住む京町家

撮影協力一覧

  • ビジュアルアーツ専門学校 大阪 4:2:2 STUDIO
  • 積水化学工業
  • 滋賀ロケーションオフィス
  • 大津市社会教育会館
  • ショウカー・オノ
  • 南川久人
  • 林正幸
  • 国米基宏
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season4 第4話のロケ地

◀◀Season4 第2話のロケ地

コメント

U-NEXT