「科捜研の女 Season3(2001年)」第7話のロケ地。

科捜研の女,season3,7話 Season3(2001年)

「科捜研の女 Season3」(2001年)第7話のロケ地を紹介します。

第7話の基本情報

放送日時 2001年12月13日
サブタイトル 「不自然な血痕!二重偽証に壊された母子愛」
エンディングテーマ コブクロ「miss you」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、葛山信吾、小林稔侍、星由里子、山崎一、遠山俊也、長江英和、深浦加奈子、小林千晴、村上雄太、増田未亜、久保晶、川上泳、内藤和也

<あらすじ>
科捜研の事務員・小向光子(深浦加奈子)の自宅近くの公園で、若い男の刺殺体が発見された。発見者は町内会会長の糸川(久保晶)で、慌てふためく糸川から事情を聞いた光子が、所轄署に連絡を入れた。被害者は免許証から竹本(川上泳)という男と判明する。マリコ(沢口靖子)の検視の結果、竹本は首を鋭利な刃物で刺されての失血死とわかった。木場刑事(小林稔侍)の事情聴取に対し糸川は、銭湯の帰りに公園の近くを通りかかったとき、揉み合っている二人の男を見かけ、その直後に一方の男が相手をナイフで刺して逃走したと証言した。そこで、糸川の証言をもとにモンタージュが作られる。だが、マリコはなぜか、糸川がウソをついている気がしてならない。

第7話のロケ地

1 ○小向光子が買い物をしていた八百屋がある商店街
 京都三条会商店街:京都府京都市中京区 今新在家西町1-1🔗map
2 ○死体が発見された公園
 三条大宮公園:京都府京都市中京区今新在家西町1-1🔗map
3 ○榊マリコが教授に話を聞きに来た大学
 京都精華大学:京都府京都市左京区岩倉木野町137🔗map
4 ×猪熊児童館
5 ×上原刑事が男に職務質問をしたパチンコ店
6 ×榊マリコらが捜索をした神社
7 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 京都精華大学
  • 京都三条会商店街振興組合

▶▶Season3 最終回のロケ地

◀◀Season3 第6話のロケ地

コメント

U-NEXT