「科捜研の女 Season3(2001年)」第6話のロケ地。

科捜研の女,season3,6話 Season3(2001年)

「科捜研の女 Season3」(2001年)第6話のロケ地を紹介します。

第6話の基本情報

放送日時 2001年12月6日
サブタイトル 「VSアンビリバボー!女子寮に潜む美しき霊の謎!!」
エンディングテーマ コブクロ「miss you」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、葛山信吾、小林稔侍、星由里子、山崎一、遠山俊也、長江英和、深浦加奈子、小林千晴、宮村優子、加藤夏希、三輪明日美、渡瀬美遊、尾崎麿基

<あらすじ>
科捜研に、幽霊退治をしてほしいという奇妙な依頼が舞い込んだ。高等部の女子寮のトイレの天井から血が滴り落ちてきたり、怪事件が立て続けに起こっていると言う。マリコ(沢口靖子)は、何でそんなことに狩り出されなければならないのかとぶつくさ文句をいうが、理事長が府警本部長の友人だということで、科捜研の宮前所長(山崎一)は、二つ返事で引き受けてしまう。マリコは仕方なく仲間の研究員とともに出掛けていくが、そこにはすでに、木場(小林稔侍)の命令で来たという上原刑事(葛山信吾)の姿があった。どうやら上原は、女子寮と聞き、興味津々でやってきたらしい。

第6話のロケ地

1 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
2 ○榊マリコらが幽霊退治に訪れた高校の女子寮
 同志社女子中学・高校:京都府京都市上京区常盤井殿町🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 日新電機
  • 同志社女子大学

▶▶Season3 第7話のロケ地

◀◀Season3 第5話のロケ地

コメント

U-NEXT