「科捜研の女 Season20(2020年)」第1話のロケ地。

科捜研の女,season20,1話 Season20(2020年)

「科捜研の女 Season20」(2020年)第1話のロケ地を紹介します。

第1話の基本情報

放送日時 2020年10月22日
サブタイトル 「マリコになれなかった女」
エンディングテーマ 藤川千愛「ありのままで」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、齋藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰、大久保佳代子、あめくみちこ、高田夏帆、池下重大、里吉うたの

<あらすじ>
「10年前に人を殺しました。逮捕してください」–京都府警に地味な雰囲気の女が自首してきた。土門薫刑事(内藤剛志)や蒲原勇樹刑事(石井一彰)が事情を聴いたところ、その女、星名瑠璃(大久保佳代子)は10年前、非常勤講師として勤めていた女子高の生徒・河合範子(里吉うたの)を、山岳部の登山練習中に滑落死させてしまったと話す。きっかけは当時、反抗的だった範子を思わず平手打ちしてしまったこと。瑠璃は、体罰を校長に告発すると脅す範子を制止したい一心で彼女を追いかけたところ、滑落させてしまったと告白。なぜ今になって自首したのかと問う土門に対し、当時は恐怖のあまり打ち明けることはできなかったが、教師としての道も開けずパッとしない毎日を送るうち、人生を諦観して出頭したと心情を吐露する。さらには、自分は女優みたいな名前を持ちながら、人生で一度もスポットライトを浴びたことがないと、ネガティブなつぶやきをもらす…。

第1話のロケ地

1 ○星名瑠璃が勤めていた「丹波女子高等学校」
 洛陽総合高等学校:京都府京都市中京区西ノ京春日町8🔗map
2 ○河合範子が突き落とされた荒谷岳
○科捜研チームが捜査した10年前の事件現場

 保津峡:京都府京都市右京区嵯峨水尾鳩ケ巣🔗map
3 ○科捜研がある「京都府警察本部」の外観、内部、中庭、屋上
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
4 ○土門刑事と蒲原刑事が野田由香に聞き込みをした「登山用品 京水山荘」
 ロッジ京都店:京都府京都市中京区 御池通高倉西入高宮町200🔗map
5 ×榊マリコらが登山の検証をしていた河原
6 ○×土門刑事と蒲原刑事が野田由香と話していた階段
 京都府京都市北区衣笠東御所ノ内町59🔗map
7 ○榊マリコ、土門刑事、蒲原刑事が渡辺順吾と話した高架下
 西京極公園前の高架下:京都府京都市右京区西京極郡猪馬場町🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業株式会社
  • ロッジ
  • 洛陽総合高等学校
  • ショーカープロオノ

▶▶Season20 第2話のロケ地

◀◀Season19 最終回のロケ地

コメント

U-NEXT