「科捜研の女 Season14(2014年)」第6話のロケ地。

科捜研の女,Season14,6話 Season14(2014年)

「科捜研の女 Season14」(2014年)第6話のロケ地を紹介します。

第6話の基本情報

放送日時 2014年11月20日
サブタイトル 「天才科学者に挑戦」
エンディングテーマ 柴田淳「車窓」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、齋藤暁、山本ひかる、長田成哉、崎本大海、佐藤康恵、西田健、忍成修吾、井上高志、大家由祐子、や乃えいじ

<あらすじ>
大学の工学部の研究室内で、不審死体が見つかった。ちょうど榊マリコ(沢口靖子)がテレビ番組の収録で科捜研を留守にしているときのことで、物理担当研究員・相馬涼(長田成哉)はマリコがいなくても自分が事件を解決してみせると張り切る。死亡したのは、研究室と技術提携を結んでいる総合化学メーカーの開発担当員・浦西修一で、実験に用いた一酸化炭素が漏れて中毒死したものと思われた。研究室の准教授・新村辰希(忍成修吾)は超高性能電池の開発に成功した天才科学者として注目を集めている人物で、彼が発明した新型電池に関して浦西の会社と独占ライセンス契約を結ぶ予定になっていたという。そして実は、相馬は大学時代にその研究室に在籍しており、新村とは同期という間柄だった…。

第6話のロケ地

1 ×榊マリコが監修に訪れていたテレビ局の外観
2 ○死体が発見された大学
 京都工芸繊維大学:京都府京都市左京区松ケ崎橋上町🔗map
3 ○エンディングで土門刑事と相馬涼が話していた京都府警察本部の屋上
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 京都工芸繊維大学
  • 日本写真印刷株式会社
  • 京都市成長産業創造センター
  • KBS京都
  • 地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • 京都大学 物質-細胞統合システム拠点
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season14 第7話のロケ地

◀◀Season14 第5話のロケ地

コメント

U-NEXT