「科捜研の女 Season13(2013-2014年)」第5話のロケ地。

科捜研の女,Season13,5話 Season13(2013-2014年)

「科捜研の女 Season13」(2013-2014年)第5話のロケ地を紹介します。

第5話の基本情報

放送日時 2013年11月14日
サブタイトル 「矛盾する鑑定!法医学VS化学!!空白15分 死亡時刻に潜む殺意」
エンディングテーマ DEEN「もう泣かないで」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、齋藤暁、山本ひかる、長田成哉、崎本大海、田中健、平田薫、萩尾みどり、倉石功、舟木幸、浅田祐二

<あらすじ>
心臓を患い、大学病院から退院したばかりの飯村長治郎(倉石功)が、自宅で突然死する事件が起きた。妻の房子(萩尾みどり)は元教師の経験を生かしたボランティアの授業中で、看護師でもある娘の望(平田薫)は勤務中の出来事だった。榊マリコ(沢口靖子)の検視でも、風丘早月(若村麻由美)の解剖でも病死と鑑定されるが、仕事の合間に父親の面倒を見ていた望は「手術が成功して自宅療養中だったのに、病死などおかしい」と訴える。自身も激務のかたわら母親の介護にあたっている化学研究員・宇佐見裕也(風間トオル)は望に同情、遺体の血液検査をしたいと申し出る。

第5話のロケ地

1 ○原美智子が働いている病院
 済生会滋賀県病院:滋賀県栗東市大橋2-4-1🔗map
2 ○京都府警察本部
○エンディングで榊マリコと土門刑事が話していた屋上

 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 済生会滋賀県病院
  • 日本新薬株式会社山科植物資料館
  • 滋賀ロケーションオフィス
  • 株式会社アイハウス
  • 株式会社エリッツホールディングス
  • 京都造形芸術大学
  • ㈱鈴木法科学鑑定研究所
  • KAZZ(京都科学捜査研究所)
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season13 第6話のロケ地

◀◀Season13 第4話のロケ地

コメント

U-NEXT