「科捜研の女 Season12(2013年)」第3話のロケ地。

科捜研の女,Season12,3話 Season12(2013年)

「科捜研の女 Season12」(2013年)第3話のロケ地を紹介します。

第3話の基本情報

放送日時 2013年1月24日
サブタイトル 「夜祭の凶弾!疑惑のともし火、母娘に隠された罠…」
エンディングテーマ やなわらばー「でもね…」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、戸田菜穂、齋藤暁、高橋光臣、奥田恵梨華、長田成哉、田中健、三浦理恵子、左時枝、渋谷謙人

<あらすじ>
多数の行灯を並べた幻想的な美しさで人気のイベント“花灯路”の会場近くの雑木林で、銃で撃たれた男の死体が発見された。このところ、看板などを標的にした連続発砲事件が起きていたが、ついに最初の犠牲者が出たものと思われた。被害者は22歳の若者・高山篤(伊藤尚輝)で、弾丸のキズから犯人は改造銃を使用した可能性が浮上。さらに銃創から見つかった微物を鑑定したところ、ロウソクの成分が検出され、着衣に和紙の繊維が付着していたことがわかる。ロウソクと和紙といえば、行灯…。榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーは、花灯路に出展していた行灯店を調査。その結果、被害者に付着していた繊維片の成分が、“島谷行灯”という店が使っている和紙のものと一致する。店主の島谷智美(三浦理恵子)は亡夫・裕人(増田広司)から工房を受け継いでおり、義母・栄子(左時枝)と2人暮らしだった。

第3話のロケ地

1 ○科捜研チームが集まった「花灯路会場」
 大覚寺:京都府京都市右京区嵯峨大沢町4🔗map
2 ×死体が発見された竹林
3 ○榊マリコと土門刑事が聞き込みをした京行燈 辻むら
 京行燈 辻むら:京都府京都市左京区東大路通仁王門下ル西側東門前町503-4
4 ×相馬涼が聞き込みをしていた和傘店
5 ○宇佐美裕也と権藤刑事が聞き込みをしていた和傘店
 日吉屋:京都府京都市上京区百々町546-1🔗map
6 ○島谷智美が営む和風照明器具店「島谷行灯」
 和田卯:京都府京都市下京区雁金町高辻通富小路西入159🔗map
7 ×磯貝信二が住むアパート
8 ○島谷栄子が運ばれた病院
 蘇生会総合病院:京都府京都市伏見区下鳥羽広長町101🔗map
9 ×島谷智美が座っていた河川敷のベンチ
10 ○京都府警察本部の外観
○エンディングで榊マリコと土門刑事が話していた屋上

 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 大覚寺
  • 和田卯
  • 京行燈 辻むら
  • 日吉屋
  • 蘇生会総合病院
  • 日本電機商会
  • 小倉山 二尊院
  • 京都・花灯路推進協議会
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映俳優養成所
  • 東映太秦映画村

▶▶Season12 第4話のロケ地

◀◀Season12 第2話のロケ地

コメント

U-NEXT