「科捜研の女 Season11(2011-2012年)」第8話のロケ地。

科捜研の女,SEASON11,8話 Season11(2011-2012年)

「科捜研の女 Season11」(2011-2012年)第8話のロケ地を紹介します。

第8話の基本情報

放送日時 2011年12月8日
サブタイトル 「隠された発火装置!連続放火、消された指紋の秘密!!」
エンディングテーマ 初音「紡ぎ~あまねく想い~」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、齋藤暁、田中健、若村麻由美、奥田恵梨華、高橋光臣、泉政行、鈴木亜美、石垣佑磨、斉木しげる、浜口望海、東村晃幸

<あらすじ>
京都市内で、時限発火装置を使った連続放火事件が発生した。最初の2件は、人の出入りが少ない場所だったが、3件目はオフィスビルのエントランスという大勢が行き来するところだった。幸い3件とも負傷者は出なかったが、マリコ(沢口靖子)は犯行が徐々にエスカレートしていることを危惧する。そんな中、発火装置の部品の入手ルートを調べるため、街に出ていた科捜研のメンバー・乾(泉政行)は、新人鑑識員・原口衿果(鈴木亜美)と遭遇する。彼女は、容疑者に心当たりがあると告白。以前、同じ大学に通っていた高松史生(石垣佑磨)から数年ぶりに電話があり、連続放火をほのめかす発言があったと話すのだが…!?

第8話のロケ地

1 ○小火があった「日向証券株式会社」
 京都電子工業株式会社:京都府京都市南区吉祥院新田弐ノ段町74🔗map
2 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
3 ○乾健児と原口衿果が遭遇したパソコンパーツ店
 マルツ 京都寺町店:京都府京都市下京区寺町通綾小路下る中之町577🔗map
4 ×原口衿果が電話していた地下鉄の出口
5 ×榊マリコ、土門刑事、乾健児が調査をした「フタバアパート」
6 ×発火事件が起こった「ミンワトーイ」配送センター
7 ×土門刑事や権藤刑事らが踏み込んだライブハウス

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 立命館大学
  • 川端病院
  • マルツパーツ館
  • リード株式会社
  • 京都電子工業株式会社
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season11 第9話のロケ地

◀◀Season11 第7話のロケ地

コメント

U-NEXT