「科捜研の女 Season11(2011-2012年)」第4話のロケ地。

科捜研の女,SEASON11,4話 Season11(2011-2012年)

「科捜研の女 Season11」(2011-2012年)第4話のロケ地を紹介します。

第4話の基本情報

放送日時 2011年11月10日
サブタイトル 「能舞台に潜む殺意!白骨の傷に隠された破門の秘密!!」
エンディングテーマ 初音「紡ぎ~あまねく想い~」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、齋藤暁、田中健、若村麻由美、奥田恵梨華、高橋光臣、泉政行、夏八木勲、平岳大、銀粉蝶、タモト清嵐、駿河太郎

<あらすじ>
山中で白骨化した死体が発見された。男性の骨と思われたが、手がかりは少なく、マリコ(沢口靖子)は洛北医大の解剖医・風丘早月(若村麻由美)に司法解剖を依頼する。だが、解剖に取りかかった矢先、早月が倒れてしまう…。そんな中、河原で男性の転落死体が見つかった。遺体の身元は古着屋の店主・高崎宏沖(駿河太郎)で、一見、飛び降り自殺したように思えたが、マリコたちが現場に不審な点を見つけたことから、他殺の可能性が浮上。土門刑事(内藤剛志)が被害者の自宅を捜索したところ、高崎はなぜか、白骨死体が発見された先日の事件の記事を集めていたことがわかる。高崎はもしや、白骨死体事件に関わっていたのか…!?まもなく高崎が8年前まで能楽師の弟子だったことが判明。高崎が師事していた久瀬流の宗家・久瀬荘俊(夏八木勲)を訪ねたマリコは、次期家元と噂される荘治郎(平岳大)と出会うが…。

第4話のロケ地

1 ×冒頭、榊マリコが歌舞伎を見ていた高台
2 ○洛北医科大学の外観
 京都芸術大学:京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116🔗map
3 ○死体が発見された河原
 清滝川の河原:京都府京都市右京区嵯峨亀山町1🔗map
4 ○榊マリコ、土門刑事、権藤刑事が調べていた死体発見現場の上にかかる橋
 落合橋:京都府京都市右京区嵯峨亀山町1🔗map
5 ○土門刑事と権藤刑事が調べていた洋服店
 Dude Ranch:京都府京都市左京区下鴨北芝町34-1🔗map
6 ○榊マリコと土門刑事が訪れた久瀬家の和風豪邸
 洛陽荘:京都府京都市左京区一乗寺東杉ノ宮町27🔗map
7 ○京都府警察本部
○エンディングで榊マリコと土門刑事が話していた屋上

 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
8 ×榊マリコ、土門刑事が山根晴江と話していたマンション前の公園

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 京都造形芸術大学
  • 未生流笹岡家元
  • 洛陽荘
  • Dockery Farm
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season11 第5話のロケ地

◀◀Season11 第3話のロケ地

コメント

U-NEXT