「科捜研の女 Season11(2011-2012年)」第15話のロケ地。

科捜研の女,SEASON11,15話 Season11(2011-2012年)

「科捜研の女 Season11」(2011-2012年)第15話のロケ地を紹介します。

第15話の基本情報

放送日時 2012年3月1日
サブタイトル 「マリコ最後の事件へ VS過去から来た爆弾魔 海から遠い海水成分」
エンディングテーマ NIKIIE「涙星」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、齋藤暁、田中健、若村麻由美、奥田恵梨華、高橋光臣、長田成哉、津川雅彦、谷村美月、橋爪淳

<あらすじ>
科捜研の研究員・吉崎泰乃(奥田恵梨華)が幼なじみと待ち合わせをしていたコーヒーショップで、爆発事件が起きた。泰乃をはじめ、ケガ人は出なかったが、テラス席に爆弾が仕掛けられていたと判明。残された爆薬を分析したところ、15年前に大阪で起きた“連続金融機関脅迫事件”で使われた爆薬と酷似していることがわかった。その事件は、1000万円を要求する脅迫状と共に小型爆弾が2つの金融機関に送り付けられたもので、当時の捜査本部は犯人グループが滋賀県内の農場に潜伏していることを突き止めて急襲したが、すでにアジトは爆発炎上したあとだった。結局、捜査の手が迫ってきたことを察知した主犯の農場経営者が、妻や仲間を巻き込んで自ら爆死したものと判断され、被疑者死亡で送検され、捜査は終了していた。

第15話のロケ地

1 ○爆破事件が起きたショッピングモール
 新風館:京都府京都市中京区場之町586-2🔗map
2 ○京都府警察本部
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
3 ×爆破事件が起きた銀行
4 ×榊マリコと吉崎泰乃が訪れたマンション「シャルマン寺前」
5 ○爆発物が仕掛けられた「カヤノフード」の外観
 京都嵯峨芸術大学(現・嵯峨美術大学):京都府京都市右京区嵯峨五島町1🔗map
6 ×死体が発見された高架下
7 ○洛北医科大学
 京都芸術大学:京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116🔗map
8 ○権藤刑事が電話していた病院
 泉谷病院:京都府京都市右京区花園伊町41-7🔗map
9 ×榊マリコや土門刑事ら刑事が突入した「京洛熱帯魚センター」

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 草津市
  • 滋賀ロケーションオフィス
  • 京都伝統工芸館
  • 新風館
  • みやこめっせ
  • 京都市フィルムオフィス
  • 京都嵯峨芸術大学
  • 泉谷病院
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season11 最終回のロケ地

◀◀Season11 第14話のロケ地

コメント

U-NEXT