「科捜研の女 Season11(2011-2012年)」第11話のロケ地。

科捜研の女,SEASON11,11話 Season11(2011-2012年)

「科捜研の女 Season11」(2011-2012年)第11話のロケ地を紹介します。

第11話の基本情報

放送日時 2012年2月2日
サブタイトル 「連続殺人鬼、空白の10年の謎!禁じられた科学鑑定」
エンディングテーマ NIKIIE「涙星」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、齋藤暁、田中健、若村麻由美、奥田恵梨華、高橋光臣、長田成哉、梨本謙次郎、滝藤賢一、西村匡生、山田永二

<あらすじ>
京都市内で、シリコンゴムに顔を押しつけて窒息死させるという、残酷な殺人事件が発生した。被害者の身元は住宅総合メーカー課長・奥原幹彦(山田永二)とわかるが、犯人につながるものは何ひとつ現場に残されておらず、マリコ(沢口靖子)と宇佐見(風間トオル)は凶器となったシリコンゴムの分析を、大学の高分子素材研究センター研究員・倉石信貴(梨本謙次郎)に依頼する。そんな中、10年前、同様の連続殺人が関東で起きていたことが判明。犯人はいまだ逮捕されておらず、なんと被害者のひとりが宇佐見の妹・一穂(稲実栞)だったとわかる。なぜ、宇佐見は10年前の事件との関連について皆に口を閉ざしていたのか…。マリコは宇佐見の真意を問うが…!?

第11話のロケ地

1 ○奥原幹彦の死体が発見された新幹線高架下の河原付近の小屋
 東海道新幹線の桂川にかかる橋の下: 京都府京都市南区吉祥院新田参ノ段町
2 ×宇佐美裕也が住むマンション
3 ×宇佐美裕也と風岡早月が話していた池の前のベンチ
4 ○榊マリコが訪れた「関西理科大学」の外観
 立命館大学 衣笠キャンパス:京都府京都市北区等持院北町56-1🔗map
5 ○土門刑事と権藤刑事が山平隆志を逮捕したショップ
 コレクションショップ YAMAMOTO:京都府京都市中京区中之町560🔗map
6 ○エンディングで榊マリコと土門刑事が話していた京都府警察本部の屋上
 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 京都工芸繊維大学
  • 大覚寺
  • 立命館大学
  • コレクションショップ・やまもと
  • 中園修二
  • ショーカープロオノ
  • 東映太秦映画村
  • 東映俳優養成所

▶▶Season11 第12話のロケ地

◀◀Season11 第10話のロケ地

コメント

U-NEXT