「科捜研の女 Season10(2010年)」第6話のロケ地。

科捜研の女,season10,6話 Season10(2010年)

「科捜研の女 Season10」(2010年)第6話のロケ地を紹介します。

第6話の基本情報

放送日時 2010年8月19日
サブタイトル 「疑惑の遺体解剖!残された皮膚片の秘密」
エンディングテーマ 菅原紗由理「『好き』という言葉」
キャスト 沢口靖子、内藤剛志、齋藤暁、小野武彦、若村麻由美、田中健、泉政行、奥田恵梨華、高橋光臣、平田満、未來貴子、山田麻衣子、波岡一喜、池田愛、山口詩史、堀田貴之裕、西山清孝

<あらすじ>
アパートの浴槽でOL・須藤歩美(池田愛)が溺死しているのを、同僚の小山内佳奈(山田麻衣子)が発見した。榊マリコ(沢口靖子)らが検死したものの、解剖してみないことには事故なのか、自殺か他殺かも判断できない状況だった。その日は解剖医の風丘早月(若村麻由美)にほかの解剖予定が入っていたため、早月の恩師で洛北医大教授の本間茂則(平田満)が解剖を担当。胃の中から睡眠導入剤が検出され、事故や自殺の線も捨てきれなかったが、本間は他殺の可能性を示唆。事件後、行方をくらましていた同居人の今井健人(波岡一喜)が疑われる。だがその後、解剖に立ち会うはずだった助手が、本間から用事を言いつけられて外されていたことが発覚。本間が単独で遺体解剖を行ったと知った土門刑事(内藤剛志)は解剖所見に不信感を抱く…。

第6話のロケ地

1 ×事件が発生したマンション
2 ○京都府警察本部
○榊マリコと土門刑事が話していた屋上

 積水化学工業京都研究所:京都府京都市南区上鳥羽上調子町2-2🔗map
3 ×権藤刑事が今井健人に声をかけたインターネットカフェ
4 ○今井健人が飛び降りた橋
 養老四川橋:京都府京都市右京区西院日照町12付近🔗map
5 ○榊マリコ、土門刑事らが話していたキャンパス
 龍谷大学:京都府京都市伏見区深草塚本町67🔗map
6 ○須藤歩美が階段でつまずいたオフィスのロビー
 京都コンピュータ学院 京都駅前校:京都府京都市南区西九条寺ノ前町10-5🔗map
7 ×土門刑事が聞き込みをしていた斎場
8 ×榊マリコが話していた墓地

撮影協力一覧

  • 積水化学工業
  • 龍谷大学
  • 京都コンピュータ学院
  • 伸和社
  • 京都電子工業株式会社
  • ショーカープロオノ
  • 東映俳優養成所
  • 東映太秦映画村

▶▶Season10 第7話のロケ地

◀◀Season10 第5話のロケ地

コメント

U-NEXT